犬のうんこを食べる老犬にできる対策4つ

 

動物の世界では、自分や他の個体のうんこ(糞)を様々な理由により食べることがあります。犬も例外ではなく、自分や他の子のうんこを食べてしまうことがあり、この事を「食糞」と言います。

この記事では、老犬が食糞する場合の理由や対策について解説しています。

 

■老犬の食糞とは?

自分や他の子のうんち(糞)を食べてしまうことを「食糞」といい、犬(動物)の世界では通常起こり得る行動として知られています。ただ、実際にその現場を目撃してしまうと飼い主としては、ショックであり、やめさせたい行動だと思います。

老犬の場合、消化器官の衰えによって食べたものが完全に消化されずにウンチとして排泄されるために、勘違いで食べてしまうことがあると言われています。

そのため、老犬の場合の食糞は、他の子のうんちを食べるというよりは、自分自身が排泄したうんちを食べてしまうケースが多いです。さらに、多頭飼いの場合には、老犬の排泄したウンチを他の子が積極的に(喜んで)食べてしまうようなケースもあります。

 

■老犬の食糞をやめさせる対策

 

1日の食事の回数を増やす

一般的には、消化器官の負担を減らすためには、1回の食事量(ドライフードの量)を減らして、1日の食事回数を増やすことが効果的と言われています。

たとえば、これまで1日に1回30g×2回のフードを与えていた場合には、食事回数を2回から3回に増やし、1回20g×3回のように変えてみることがおすすめです。

食事回数についてはこちらの記事でも解説しています。

犬のごはんの回数は?1日何回あげればいいの?
犬のごはんの回数は成長度と体調によって変える必要があることをご存知でしょうか? 人間の食事回数は朝・昼・晩の1日3回となっていますが...

 

ドライフードをふやかして与えてみる

老犬にドライフードを与えている場合、お湯でふやかしてから与えた方が消化が促進されます。ただし、効果はそこまで高くないと思われますが、比較的簡単にできることなので試してみる価値はあります。

ドライフードのふやかし方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

犬のごはん(フード)をふやかすメリットは?ミニチュアダックスのやり方を紹介!
あなたの愛犬は鼻がカピカピに乾いていませんか? 鼻がカピカピに乾燥しているのは水分が足りていない証拠です。しかし、犬を水場まで連れて...

 

フードのタイプをウェットに変えてみる

ドライフードの場合にふやかす対策と類似した別の対策が、ウェットタイプのドッグフードに変えてみるという対策です。ウェットタイプのフードはドライタイプに比べて消化されやすいので、老犬の食糞を抑止できる効果が期待できます。さらに、ウェットタイプはドライに比べるとカロリー当たりの食べる量が多くなるため、わんちゃんとしては食べごたえがあるため、満腹感が持続します。このことも食糞を抑止する効果につながります。

ウェットタイプのドッグフードはたくさんの種類・銘柄がありますが、老犬と食糞をやめさせるということから、消化のよい低脂肪タイプがおすすめです。

 

うんこをしたら即、撤去する

わんちゃんの場合、生活のリズムが安定していれば、うんちをするタイミングもだいたい毎日決まってきます。たとえば、朝起きた直後、飼い主さんが犬の食事の準備をしている間、わんこがごはんを食べた食後、お散歩中、などのようにうんちをするタイミングは決まってきます。それらのタイミングに集中して監視し、うんこをしたら即、撤去すれば食糞するものがなくなるため、一番確実な方法と言えます。

 

■まとめ

  • 食糞は犬(動物)の世界ではよくある行動として知られています。
  • 老犬の場合は消化機能の衰えによって自分自身が排泄したウンチを食べてしまうことがあります。
  • 対策として、1日の食事回数を増やしてみる、ドライフードをふやかす、ウェットタイプのフードに変えてみる、即時撤去を心掛ける、があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました