ミニチュアダックスの自宅でのトリミングのやり方、コツを紹介

お世話

我が家では、ミニチュアダックスのトリミング(伸びた毛のカット)を自宅でおこなっています。

この記事では、自宅でのトリミングに挑戦してみたい方のために、わんこの毛を自宅で切るやり方や、難しいカットの場所をやるときのコツについてまとめました。ダックスフンドの耳の毛のカットや肉球の間の毛のカットの具体的な方法を解説しています。

■犬のトリミングとは?

トリミングとは、プラッキング(毛を間引いて取り除く)、クリッピング(バリカンなどによる毛刈り)、カッティング(ハサミなどによるコートカット)によるペットの被毛のお手入れの総称です。

プラッキング

プラッキングとは、長い毛や傷んだ毛を抜き取ることによって間引く被毛のお手入れのことです。主にシュナウザーやテリア犬種のように硬い毛質をもつ犬種に対してのみ行われます。シュナウザーやテリア犬種は、季節毎に換毛をしない被毛(シングルコート)のため、プラッキングが重要になってきます。

クリッピング

クリッピングとは、バリカンを使用して毛を刈り取ったり、毛の形を整える被毛のお手入れのことです。
注意点として、ダックス、ポメラニアン、チワワ、パピヨン、などの犬種は、全身のクリッピングを行うと、新しい毛が生えてこなかったり、毛質が変化することもあります。プードルなど毛がモコモコ生えてくる犬種は、クリッピングに向いています。

カッティング(シザリング)

カッティングは、ハサミやバリカンを使用して毛の長さを調整したり、指の間や顔の周りなどの毛をカットすることです。
我が家のミニチュアダックスの場合は、基本的にカッティングのみで毛刈りをしています。

ミニチュアダックスのトリミングは?

ミニチュアダックス(ロングコード)のトリミングは、基本的にカッティングだけ行えば大丈夫です。カッティングのやり方としては、バリカンは使わずに、ハサミによるカッティングのみで行うことをおすすめします。
その理由は、ダックスの場合、バリカンで毛を刈ってしまうと、なかなか長く毛が伸びてこなかったり、生えてきたとしても、毛質がゴワゴワした感触に変化してしまう傾向があるからです。

ミニチュアダックスの毛をカットする範囲は、主に足、お腹、胸、耳、お尻が中心で、背中側や顔回りは毛が長く伸びてこないためカットする必要はありません。

■自宅でトリミングするメリット

自宅でトリミングするメリットはコストがかからないこと。それから、自分の都合の良い時にできること、などが挙げられます。

自宅トリミングのメリット

  • 初回の道具代以外コストがかからない。
  • 自分の都合のよい時に、自分のペースでできる。
  • 自宅なのでわんちゃんもリラックスでき、わんこのペースに合わせられる。
  • 毛の長さのディテールを自分好みに自由に決められる。

■ダックスのトリミングに必要な道具

ミニチュアダックスのトリミング(カッティング)に必要な道具は以下の通りです。自宅に既にあるものが多いはずです。小ハサミは、肉球の指と指の間などの小さくて細かい箇所に使います。

  • ハサミ
  • 小ハサミ(刃の長さが短いもの)
  • スリッカー または くし
  • 大きめのクッション2個

我が家のトリミングで使っているハサミです。右が、小ハサミです。

小ハサミは、下記のようなハサミの先が尖っていないセーフティな鼻毛用のハサミもおすすめです。

■トリミングのやり方(カッティング)

我が家の場合は、ゲージの中で大きめのクッションに載せて、わんこは仰向け、または横向きに寝かせた状態でトリミングします。


トリミング専門のサロンでは、普通は高さのある台の上に犬を立たせた姿勢でトリミングします。
しかし、高さのある台はなかなか適当な机がないという理由と、トリミングする人間が中腰姿勢となる場合が多く疲れやすいため、あまりおすすめしません。特に中腰姿勢が苦手という方にはおススメのやり方です。

自宅でトリミングする場合は、クッションを重ねたり、小さめの台に毛布を重ねるなどして、
犬が横になれる姿勢でやる方が、じっくりでき、人間もそれほど負担のない姿勢でできるためおすすめです。

特に慣れないうちは、手元を慎重にやらざるを得ないため、時間がどうしてもかかってしまいます。
時間がかかってしまううちは特に、トリミングする人間も楽な姿勢でやる方が良いでしょう。

ダックスフンドの場合、毛を切る部分はだいたいこのあたりです。

耳の毛、お腹の毛、お尻の毛は、くしで整えてから、適当な長さにバッサリ切ります。
この当たりは、始めての人でも、揃えて切るだけなので、あんまり難しさは感じないと思います。

耳の毛は、スリッカー(またはくし)で毛の流れを整えて、適当な長さにハサミで切っていきます。

足、指の間(難関箇所)

難しいのは、手足の指の間の毛です。
手足の指の間は、形が複雑で細かいのに加えて、わんこ達も肉球を触られるとくすぐったいみたいで嫌がる傾向があるため、難易度が高い箇所です。

長い毛は、普通のハサミでざっくり切っていきます。

指と指の間、爪の周りなど狭くて細かい場所は、小さいハサミを使うと切りやすいです。↓のように肉球に触れるとくすぐったいのか嫌がるわんこがいます。この場合のやり方のコツは、切る前に肉球をモミモミとマッサージして、くすぐったさに慣れさせてから切ると、あまり嫌がられないです。

お腹

お腹の毛は、お腹の面とハサミの刃が平行になるようにして、適当な長さにハサミで切っていきます。

お尻

お尻の毛は、肛門の周りは汚れが付かないように丁寧に切っていきます。

自宅のトリミングに慣れたワンコは、気持ち良いのか、やっている間にぐーすか寝てしまうワンコもいます。

前足のトリミング前(右)、と トリミング後(左)の比較です。やはり、トリミングしてあげるとさっぱりします。

トリミングが終わったら、わんちゃんをいっぱいほめてあげましょう。

■まとめ

  • 自宅でのトリミングは、コストがかからず、好きなときに自分のペースでやれるところがメリットです。
  • トリミングの中腰姿勢が苦手な方には、クッションなどに載せて犬を寝かせた姿勢でのやり方がおすすめです。
  • 難易度が高いのは、足の指の間。コツは小さめのハサミを使うことと、モミモミマッサージしてからやることです。

■おすすめ記事

おすすめ
ドッグフード工房<鶏肉>の本当の口コミと評判は?
必見
【まとめ】犬の口がドブ臭い?わんこの口臭の原因5つと改善策!
おすすめ
オリジン ドッグフード(6フィッシュ)の本当の評価・レビューとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました