ドッグフードを安全に保存できる容器は?真空がいいのはなぜか?

 

ドッグフードを開封後はどのように保存していますか?袋のままで保管はしていませんか?ドライタイプのドッグフードは空気に触れていると、どんどん劣化していきます。劣化とは、いわゆる酸化のことです。酸化したドッグフードは食べさせてもよいのでしょうか?ドッグフードが酸化することのデメリット酸化させない保存方法について解説します。

 

 

■ドッグフードの劣化とは?

ドッグフード(ドライタイプ)は、袋を開封後、空気(酸素や水蒸気)に触れると、どんどん劣化していきます。たとえば、ポテトチップスなどのお菓子を封を開けて、そのまましばらく放置しておくと、湿気って風味が落ちてしまいます。さらに、油で揚げているポテトチップスは、酸敗しやすい食べ物であると言えます。酸敗とは、油脂などが、熱・水分、細菌などの作用を受けて酸化および分解し、色・味・においなどが変質して酸っぱ味が出る現象です。

ドッグフードも油で揚げていたり、食いつきを良くするために油でコーティングされているフードがあります。これらのドッグフードはポテトチップスと同様に酸敗しやすい食べ物と言えます。

 

■なぜ、酸化(酸敗)がいけないのか?

酸化とは、食べ物が酸素と反応することで酸化物となる現象です。酸敗とは、油脂などが、熱・水分、細菌などの作用を受けて酸化および分解し、色・味・においなどが変質して酸っぱ味が出る現象のことです。

なぜ、酸化・酸敗がいけないのでしょうか?

それは、酸化した食べ物を摂取してしまうと、体内で酸化前の物質と同様の働きはできず、過酸化物質として振舞います。その結果、余計な酸素が活性酸素を生み出し、細胞やDNAを傷つけるような悪さをする可能性があります。最近は、酸化コレステロールが多ければ、悪玉コレステロール値が正常でも動脈硬化になる確率が上がるとの研究が明らかになっています。

 

■酸化を防ぐには?

それでは、酸化を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

一番わかりやすい方法は、フードを空気に触れさせないことです。

簡単な方法としては、ジッパーの付いた袋で、閉じるときに人力で極力空気を抜いてから閉めるという方法があります。少々手間ですが、フードを密閉した容器に入れて、脱酸素剤を入れるという方法もあります。他には、真空の状態にできるフードストッカーを使う方法もあります。

フードストッカーの置き場所は、直射日光の当たらない涼しい場所、に置きます。なぜなら、酸化は「光」によっても促進されてしまうからです。

我が家では、真空タイプのフードストッカーを使っています。

 

■フードストッカーとは?

フードストッカーとは、開封した食べ物を保存しておくための容器です。真空タイプのものは、脱気するポンプが付いていて、容器内の空気を抜いて真空の状態に保つことができます。

真空ポンプは電池で動きます。なので、定期的に電池交換をする必要があります。

 

■おすすめフードストッカー

自動で真空にするタイプ

電動の真空ポンプが内臓されていて、ボタンを押すだけで自動的に真空にしてくれるタイプです。電動のため、電池が必要です。容器に少しでも隙間があると空気が中に入ってしまいますが、空気が入り真空でなくなると自動的に脱気してくれます。その代わり、フタにゴミがついていて密閉度が低いと頻繁に脱気してしまい、電池を浪費してしまうので注意が必要です。

 

手動で真空にするタイプ

ダイヤルを手で回すことで、真空にするタイプです。

 

■まとめ

  • ドライタイプのドッグフードは油で揚げていたり、コーティングされていて酸化によって劣化しやすい。
  • 酸化した食べ物は、過酸化物質として体内で振舞い、酸化前の成分と同じ効果は期待できない。
  • 酸化を防ぐには、真空状態に保つのが一番です。置き場所は日光の当たらない涼しい場所。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました