ミニチュアダックス・ブラックタンの毛色を詳しく解説!

ダックスフンドの基礎知識

 

ミニチュアダックスフンドの毛色の1つの種類である『ブラック・タン』は、黒色の毛とレッド(茶色)の毛が混ざった毛色をしています。体のどの部分が黒色でどの部分が茶色なのか知っていますか?
ブラック・タン』のロングヘア―の毛の色の配置を詳しく紹介します。

 

 

全体的には、顔の目から下の部分、前足・後ろ足の先の部分、胸、お腹、お尻・しっぽの付け根が茶色い毛になっています。それ以外のほとんどは黒い毛になっています。

 

顔~胸にかけては、目の上に茶色の点があり、マズルの両側が茶色で頬から胸全体にかけて茶色になっています。

 

前足は、人間でいうと肘から先が茶色いイメージです。ちなみに、爪は黒色です。なので、爪切りのときは血管を傷めないように細心の注意が必要です。

 

犬のお腹は毛がほとんど生えていません。お腹の毛がある部分の淵は、茶色い毛があります。
お腹から、後足にかけてが茶色い毛になっています。

 

しっぽの毛色は黒です。ただ、お尻に少し茶色い毛があるため、しっぽの付け根あたりは茶色い毛が混ざっています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました