ミニチュアダックスの毛色の種類、クリームとは?

ダックスフンドの基礎知識

 

ミニチュアダックスは毛色の種類・カラーが豊富な犬種です。
ミニチュアダックスフンドの毛色の1つの種類である『クリーム』は、薄茶色のような、薄い黄色のような毛色をしています。
『クリーム』のロングヘア―の毛の色について詳しく解説します。

 

 

クリームの毛色は、薄茶色のような、薄い黄色のような色味をしています。全身同じ色で単色の毛色です。

顔の毛色は、耳の先端部が色の濃い毛が生えており、こげ茶色~濃い灰色をしています。

 

 

首~背中にかけても同一色になっています。

 

 

しっぽの先端上部は、耳の場合と同じで、色の濃い毛が生えており、こげ茶色~濃い灰色をしています。

クリームとイエローの違いは?

クリームとよく似た毛色にイエローがあります。JKC(ジャパンケネルクラブ)の指針によると、クリームとイエローの違いは以下のように示されています。

  • クリーム
    クリームとは、毛色に赤みはほとんどなく、黄色みも淡く、フェオメラニン(赤茶色~黄色の色素)が抑制された毛色です。
  • イエロー
    イエローとは、赤みの少ない黄毛色です。

さらに、JKCの方針は2018年以降、毛色のクリームはスタンダード外として扱われることになっています。スタンダード外として扱われるということは、たとえば、展覧会に出場して審査員によって毛色がクリームと判断された場合には失格となってしまう可能性があるということを意味します。血統書の毛色の欄にも★印が付くようです。
ですが、展覧会への出場を考えていない場合は、クリームであることの影響はありません。
JKCの方針でクリームがスタンダードから外された背景は、クリーム色が遺伝的疾患を伴うことがあると言われているため、クリーム色を持った個体を繁殖させることを敬遠したものだと思われます。

 

ミニチュアダックスの毛色について、レッド・クリーム・ブラックタンを比較した記事はコチラです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました